haruyokoikoiのブログ 第2章

自業自得のACOの日記です。基本毎日更新です。

定期診療Part1 大丈夫大丈夫 流血事件の顛末

カーテン越しの朝日が白い壁をつたい玄関先に導く様子が好きだ。
何時もよりゆっくりめに起きて布団を上げたら、さあ定期診療に行こう。


前の人が押してるのか珍しく待たされる、病院時代程じゃないけれど。
看護師さんが代わる代わるやってきて、声かけしては去っていく。


「春風さん、注射の廃棄物あったら引き取りますよ、大丈夫ですか?」
「春風さん、いつものレポートあったら先にいただきますね✨」あらら。



しばらくして診察室に呼ばれ、主治医さまに1ヶ月ぶりのお目見え。
今日の主治医さまはニコヤカで、お元気そう、お顔をみて一安心。


「こんにちは、調子はどう?って先日は大変だったんだよね?」
レポートに目を通しながら仰る主治医さま、物言いがお優しい。


レポートには「血🩸が出た、怖かった」と赤字で太字のフォント。
「あっ、朝早くから申し訳ありませんでした、有難うございました❗️」


そう、あの日は本当に嬉しかった、主治医さまの「魔法の言葉」に救われた。
即既読になったのは仕事がら、患者さんの急変に備えての習慣らしい。


「大丈夫、大丈夫、血痰はインパクト強いからね、びっくりしたよね。」
「そうなんです、札束みても驚きませんが血🩸見たらびっくりします。」


何故か後ろで、看護師さんが笑います、えっ?何かおかしな事言った⁈
「だって皆さんは血🩸なんて見慣れてるでしょ?先生なんか救急だし✨」


当時の状況を事細かに説明、何故笑われてるの?怖かったのよポンコツ。 
「そうだね怖かったね、大丈夫大丈夫。」主治医さま最近は子供も診るらしい。


ステロイド使い続けると血管が弱くなるって、アザとかも出来やすくなるし。
もともと傷んでる気管が収縮したタイミングで切れて出血とな🩸、はい了解👌


ふんふん、理屈が分かったら平気、怖くない、何時でもかかって来い血痰🩸
「わかりました、じゃあ次からレポートに血痰の項目追加しますねっ✨」


「いや、次、血痰出たら直ぐ写真撮ってメールで送って来て❗️」あらら?
「血痰用の止血剤7日分処方しとく、で、その時指示するから✨」治療いるんだ💦


とりあえず「土曜日の流血事件」は、原因がわかって一安心、
ポンコツがポンコツとはいえ、安心をくれる主治医さまにはリスペクトしか無い。



と、言うわけで。



すいません、後半に続けさせてください‼️